お問い合わせ・資料請求

0120-011-179

受付時間 9:00〜17:00(月〜日曜日・祝日)

よくあるご質問

ご入居に関する疑問やペピイハッピープレイスでの
生活についてお答えします

ペピイ・ハッピープレイス TAMATSUKURIについて

q

どんな施設なのですか?

ペットと一緒にご入居頂ける住宅型有料老人ホームです。
人の医療・介護体制はもちろん、動物医療体制も整え、いつまでも健康的で、安心して大切なパートナーといっしょに暮らすことができるよう、毎日の生活をサポートいたします。

ご入居について

q

同居できるペットの条件について教えて下さい。

ペットは、居室内飼育が可能で、且つ法律で飼育が認められている小動物(犬猫等の小動物および水棲生物)を対象とします。
また、入居前に面接をおこない、運営審査委員会で受け入れ可能かの判断をいたします。

q

ペットの頭数は制限がありますか?

同居頂けるペットの頭数は、犬の場合は2頭(原則30kg以下)、ネコの場合は3頭まで。
犬猫両方を飼育される場合は一室3頭を上限に同居可能です。その他小動物に関してはご相談ください。

q

運営審査委員会とは何ですか?

運営懇談会の小委員会として設置され、メンバーは医師、獣医師、認定動物看護師等で構成されます。
主に、入居時の事前面談やペット同士のトラブル仲裁、ペット共生規約の改定検討などを行い、施設内での健やかで、安全なペットライフを公正に運営するために、外部のプロフェッショナルの方々に参画頂く第三者委員会です。

費用について

q

家賃について教えて下さい

入居時の年齢に応じた想定居住期間分の家賃相当額を「入居一時金」として、一括でお支払い頂きます。
「入居一時金」の算定基礎については、次の考え方に従っています。

入金一時金想定額 入金一時金想定額 入金一時金想定額

※居室・年齢によって金額は異なります。詳しくはお問合せ下さい。

q

月額利用料について教えてください

「管理費」と「ペットオールサービス費」がございます。
又、食事などの施設サービスをご利用の際は、その分も併せてお支払いいただきます。
その他、光熱費や電話代、 NHK受信料などは別途ご負担となります。

ペピイ・ハッピープレイスでの日常生活について

q

施設内でペットを診察してもらえるのですか?

施設内に入居者専用の動物診察室があり、予約制で獣医師が診察いたします。
診察内容としては、定期健診・各種予防接種や処置・薬、療法食の処方、慢性疾患時の経過診断や処方などをさせていただきます。居室への獣医師の往診も希望により承ります。詳しくはご相談ください。

q

長期旅行などで不在にする場合は、何か対応してくれますか?

ペットが居室内でお留守番する場合は、ペットシッターサービスをご利用いただけます。いずれも、顔なじみの施設スタッフが対応致しますので、安心してご利用いただけます。外出時に事前に届け出にご記入頂き、その際スタッフと居室保全についての確認を行い、掃除やお部屋の換気などもご要望に応じて対応致します。
有料ですが、施設内1階テナントのドックホテルもございます。

q

他に利用できるペット関連の施設、設備はどんなものがありますか?

2階の共有リビングはペット同伴でご利用いただけます。犬用プレイルームもご用意しており、雨の日の遊び場としてもご利用いただけます。
屋上ドッグランや1階ドッグガーデンも時間内でご自由にペットと一緒に遊べます。その他予約制でトリミングや飼い主向けセミナーなどもご利用頂けます。(一部有料)

q

食事サービスはありますか?

毎日の栄養バランスの取れた献立表をご用意しています。事前お申し込みの上、2階共有リビングにてご提供いたします。
施設内厨房で調理した、できたてのお食事をお召し上がりいただけます。(有料)
一時的に体調を崩された時は、おかゆなどを居室にお持ちすることも可能です。
(アレルギーやカロリー制限などの対応もご相談に応じます。)

q

家族や友人を部屋に泊めても良いのですか?

お泊りいただけます。届け出にご記入の上スタッフまでお知らせください。またご家族様の場合は別室にて、ゲストルームを設けておりますので、そちらにご宿泊いただくこともできますので事前にご予約ください。(有料)

q

リクエリエーションはどのようなものがありますか?

毎月定例の体操や映画鑑賞などの施設内イベントの他、動物関連イベントへのブース出店や、二十四節季や季節行事を楽しむ、暦と自然を感じる様々なイベントを開催致します。
又、手芸や園芸、スポーツなどのクラブ活動をしていただくこともできます。

身体が弱くなったときの対応について

q

介護が必要になった時はどうなりますか?

介護保険を用いて、居室にて訪問看護・介護などの居宅サービスをご利用いただけます。要介護状態になったとしても、できる限りペットと暮らせるよう協力させていただきます。

q

長期入院などで飼育ができなくなってしまった場合、残したペットはどうなりますか?

事前に万一の際の「ペット最終引受人」をお決め頂きます。引受人様がいない場合は、施設を引受人とお決め頂くことが出来ます。当施設が引き取る場合も、責任を持って最期まで十分なQOL(生活の質/万全の環境)を維持し適正に飼育することをお約束します。

お問い合わせ・資料請求

0120-011-179

受付時間 9:00〜17:00(月〜日曜日・祝日)

ペピイ
  • 新日本カレンダー
  • Pee-Ka-Boo
  • 大阪ペピイ動物看護専門学校
  • アフロ動物病院